睡眠の質が落ちる!? 歯ぎしりの原因と治し方

私の個人的な体験では、食べ物の夢を見ているときにも歯ぎしりの症状が出るかも・・・と思ってます。
↑ 寝ぼけてただけなのかも知れないので、他言無用でお願いします!

【睡眠の質が落ちる!? 歯ぎしりの原因と治し方】
http://a.msn.com/05/ja-jp/AAx0bWx?ocid=st
※リンク先は外部のサイトです。新しいタブで表示されます。

2018年5月10日 | カテゴリー : 健康 | タグ : | 投稿者 : 大倉 力

インフルエンザ

猛威を振るっているようですね。ご注意ください。

2018年2月13日 | カテゴリー : 健康 | 投稿者 : 大倉 力

歯ブラシで受傷した事故で救急搬送された5歳以下の乳幼児はナント206人

お気を付けください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000015-nkgendai-life
堺市の5歳男児がドラム式洗濯機に閉じ込められ、窒息死した先月27日の事故は痛ましい。洗濯機にはこうした事故を防ぐための“チャイルドロック機能”が付いていたというが、父親は「使っていなかった」と説明しているという。

ただでさえ幼い子どもの行動は予測不能だ。家庭内の「まさか!」の事故は洗濯機閉じ込め以外にもいっぱいあるから、注意した方がいい。

東京消防庁のまとめによると、2013~15年に管内(稲城市、島しょ地区を除く)で窒息や誤飲(耳や鼻などに入ったものも含む)で救急搬送された5歳以下の乳幼児は3537人もいる。

たとえば、4歳女児がかた焼きそばに入っていたうずらの卵を喉に詰まらせて窒息したり、2歳女児が洗濯用パック型液体洗剤を誤飲して嘔吐、救急搬送されたケースもあったという。

窒息や誤飲で最も多いのは「食品・菓子」で、以下「玩具」「包み・袋」「たばこ」「薬剤等」と続く。発生場所の9割以上が自宅。幼い子どもにとっては家庭内にあるすべてのものが“凶器”になり得るから、親は気が抜けない。

 実は「歯磨き」も危なかったりする。

 12~16年に東京消防庁管内で、歯磨き中に歯ブラシで受傷した事故で救急搬送された5歳以下の乳幼児はナント206人も。歯磨き中に「歩いたり、走ったりして転倒」が6割近くと最多で、口の中の奥深くに歯ブラシが刺さったりするというから、血の気が引く。

他にも同じ5年間で同管内では、5歳以下の乳幼児108人が、住宅などの窓やベランダ(1階と天窓を除く)から落っこちて病院に運ばれた。ちなみに、12歳以下の子どもの火遊びが原因の火災は、177件も発生している。

「今回の堺市の事故では母親は外出中で、父親は男児と一緒に昼寝をしていたそうです。目を覚ましたら男児の姿はなかったらしい。悲劇は、まさに目を離した一瞬の隙に起きるわけです」(捜査事情通)

守ってあげたい。

最終更新:2/2(金) 19:10
日刊ゲンダイDIGITAL

2018年2月2日 | カテゴリー : 健康 | 投稿者 : 大倉 力

虫歯になりやすい人・なりにくい人

虫歯予防は歯ブラシも大切ですが、食生活、特に間食に注意すべきだと思います。
アメをなめ続けるような長時間甘いものが口の中に滞留する環境は取り除くべきでしょう。

※リンク先は新しいタブで開きます。
毎日歯みがきしてるのに…虫歯になりやすい人の共通点
http://a.msn.com/01/ja-jp/BBF6GzE?ocid=st

2017年11月18日 | カテゴリー : 健康 | 投稿者 : 大倉 力

虫歯・歯周病予防のお菓子

昨日の産経新聞に掲載された記事です。ネット上には見当たらなかったので画像でご覧ください。
科学的な根拠があり効果もあるのだと思いますが、このお菓子が歯ブラシの代わりになるとは思わないでくださいね。

UHAデンタクリア タブレット – UHA味覚糖 × L8020乳酸菌(新しい画面で開きます)http://uha-l8020.jp/

2017年10月30日 | カテゴリー : 健康 | 投稿者 : 大倉 力