ブログ

ハイビスカス

室内で育てているハイビスカスです。日照時間が短いせいか、そんなに咲きません。写真のように一度に4輪も咲くことはほとんどないです。

それにしても、休日にこんなにたくさん咲かなくても良いのに・・・

高濃度フッ素配合ハミガキ

むし歯予防に高濃度フッ素配合のハミガキをお勧めします。
何種類か売られているようですが、とにかくフッ素濃度1450ppmの製品をお使いください。
磨いた後はすぐにお口をゆすがず、フッ素が浸透するように、そのままの状態で5分ほどお待ちください。たまっただ液を吐き出すのはかまいません。
※使用の前に製品の注意書きをお読みください。

コロナで暇なので、胡蝶蘭の植え替えをしました

萎れて元気がない胡蝶蘭
引っこ抜きます。
枯れた根っこは切って綺麗にします。生きている根は折れていても大丈夫です。カトレアはダメだそうです。間違っていたらごめんなさい。
新しいミズゴケを水につけて戻しておきます。半日ほど水につけると書いてある本もありますが、私の場合は数分です。
写真は新しく植える鉢です。本当は洗って綺麗にしてからの方が良いのでしょうが、このまま植え替えます。白いのは発泡スチロールです。これは新品。鉢の高さの1/3ほど入れておきます。鉢底の穴は虫よけのネットでふさいでおいた方が良いかも知れません。私は入れてませんが・・・植え替えの鉢は必ず素焼きの鉢にして下さい。綺麗な化粧鉢は絶対にダメです。発泡スチロールも必ず入れてください。
植え替え終了直後の状態。鉢いっぱいにミズゴケを入れないように。今回は鉢の上端から1.5センチほどの所までミズゴケを詰めいます。
元気になってくれると良いのですが・・・

胡蝶蘭を育てるにあたって、一番気をつけなければいけないのは水やりです。とにかくやった水が出来るだけ早く乾く環境を意識しましょう。素焼きの鉢や発泡スチロールを使うのはそのためです。冬場は特に水やりに注意してください。

ほとんど成長していない胡蝶蘭もついでに植え替えました。
これは植え替えではなく、たんにミズゴケを上に足しただけです。しばらく様子を見て葉っぱのシワシワ感が消えなかったら植え替えします。
ずいぶん適当な植え替えで大丈夫かな?との印象をお持ちになる方もいらっしゃると思いますので、実際にランを咲かせている写真も置いときますね。
植え替え一週間後。元気になりました。

碑文谷公園 盛り上がって参りました!

今年も花見しますよ。えっ、コロナ? いつも一人でやるんで問題ないです。
何人かでやる場合は、半径2メートルの距離をとってやってください。それと飲食は自分で持って来たものだけにしましょう。人様の物には手を出さない!公共交通機関は使わない!